• Fotostudio Linck, Oskar Reinhart, Kaufmann Fa. Gebr. Volkart, um 1920 Volkart Fotoarchiv im Fotomuseum Winterthur
  • コレクター

    オスカル・ラインハルト(1885年-1965年)は、スイスの芸術品コレクターで、ヴィンタートゥールの貿易族の末裔でした。 彼の母リリー・ラインハルト・ヴォルカルト(1855年-1916年)は、祖父の会社で1851年創立のGebrüder Volkart社を所有したまま結婚しました。 彼の父テオドール・ラインハルト(1849年-1919年)は同社を拡大し、インド・ヨーロッパ間の貿易の先鞭をつけ、成功を収めました。

    オスカル・ラインハルトは職業訓練校時代の1907年に、古来のものから新しいものまでの印刷された絵を集め始め、父が亡くなった後、父の絵画コレクションを入手しました。 1924年までは勢い盛んでしたが、その後1939年までは、商社Gebrüder Volkartの静かな共同経営者でした。 こうして、兄のゲオルク(1877年-1955年)が1952年まで会社を切り盛りしている間、芸術品コレクションと、ゴットフリート・ケラー財団のような様々な委員会の活動に身を捧げました。 1924年、オスカル・ラインハルトは邸宅「アム・レマーホルツ」を獲得し、ここを終の棲家にするため改築し、選りすぐりの芸術作品を揃えました。

    1936年、ラインハルトはミュンヘンの美術品商フリッツ・ナサンのスイスへの脱出を手伝いました。 1941年、フリッツ・ナサン、ヴァルター・ファイルヒェンフェルトと共に、マックス・リーバーマンの未亡人のスイス脱出が成功するよう尽力しました。 また、ナチスが完全に支配していた時代、提供元の怪しい芸術作品は購入しないように注意していました。 最終的にラインハルトは、警察関係の圧力下にありながら、1940年10月10日、ヴィンタートゥールで「オスカル・ラインハルト財団」を設立し、18世紀から20世紀初期までのドイツ、オーストリア、スイスの芸術家の作品を集めました。 戦争による混乱のせいで、財団のために美術館に移築された、Stadtgartenのギムナジウムが1951年にようやく開院した。 古ドイツ、オランダ、イギリス、イタリア、スペイン、フランスの絵画全品は、ラインハルトの私邸「アム・レマーホルツ」に残ったままでしたが、ラインハルトが亡くなった1965年にスイス連邦に渡り、版画コレクションは遺言により、「オスカル・ラインハルト財団」のものとなりました。