• 財団の目的

    財団の目的は、1940年10月10日の財団憲章第4章の中で定義されています。
    それによると、1940年に財団に集まった芸術作品と、ラインハルトの亡くなった1965年に追加となった絵画、スケッチ、彫刻、版画作品はすべて、「永続的に、変わらない形で一緒に保管し、広い範囲の一般大衆が自由に鑑賞することができるようにし、これにより、良い芸術の精神を唱道する」ということです。
    様々な例外規則を除き、財団の目的を実現するために、オスカル・ラインハルト財団のコレクションは、「永続的に、[途中略]ヴィンタートゥールの古いギムナジウムに置かれ」なければいけません。 (財団憲章第4章)