• 美術館

    オスカル・ラインハルト美術館は、19世紀の建物の中にあります。チューリヒの建築家レオンハルト・ツォイガー(1812年-1866年)が1838年から1842年までのうちに、ネオルネサンス様式で、ヴィンタートゥール市の男子校として建てたものです。 第一の機能として、ギムナジウムの他に工業学校、市図書館、さらにもう一つ別の美術館を収容していました。 1928年から1939年までのうちに、この建物は市の管理下となりました。

    1948年から1951年まで、この建物は、オスカル・ラインハルト財団のコレクションのため、シュトロイリとリュッガーが改築し、1951年1月21日に「オスカル・ラインハルト財団美術館」の名で、連邦議会の前に盛大にオープンしました。 そのため、スイスの収集物美術館としては最大です。 オスカル・ラインハルトはこの場所で、亡くなるその時まで、コレクションを何度も新しく整頓し、主観的・フォーマルな観点で展示しました。 財団憲章の中でラインハルトは、コレクションの展示コンセプトが、死後も変更されることのないようにという願いを込めました。 1993年から1995年までの間に、この美術館は、ヨハン・フレイが改修し、屋根裏部屋に展示室が追加され、規模が拡張されました。 同時に、コレクションルームの色が新しくなり、展示品は、芸術史的助言に従い新しい配置となりました。 オスカル・ランハルトのオリジナルの展示物の復元が一部しか実現していないのは残念なことです。これは、オリジナルの展示物が撤去される前の段階で書類に記録されず、1950年代から1970年代までの画像による資料しか保存されていないためです。 現在、ジュネーヴの芸術史家シュテファン・ラオパー氏が、ジュネーヴ大学の教授ダリオ・ガンボニ博士の導きのもと、オスカル・ラインハルト美術館のコレクションプレゼンテーションの歴史について研究しています。