• コレクション

    オスカル・ラインハルト美術館は、18世末から20世紀中葉までの、ドイツ、オーストリア、スイスの約500の絵画と彫刻と、15世紀から20世紀までの版画作品と手書き作品7000点を所蔵しています。
    19世紀のドイツ芸術の分野では、量でも質でも、世界の先を行く組織は、ドイツの外にあります。
    コレクションに関して信頼できたのは、ユリウス・マイヤー=グレーフェ、フーゴ・フォン・チューディ、アルフレッド・リヒトヴァルクが1906年にベルリンの「世紀のドイツ芸術展示会」で適用した基準でした。 この展示会には、スイス及びオーストリアの芸術家の作品もありました。
    この展示には重要な意義がありました。ドイツ絵画に新しい評価を下したのです。アカデミックなものや歴史的で気高いものはすべて排除され、代わりにロマン主義の詩的な絵画作品、写実主義の生き生きした自然感、ずば抜けた「真に迫ったもの」が登場しました。
    同時に、この展示のおかげで、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ、ゲオルク・フリードリヒ・ケルスティング、カール・ブレッヒェンが忘却の彼方に追いやられ、その一方でハンス・フォン・マレー、ヴィルヘルム・ライブル、ハンス・トーマが初めて国を超えて紹介されましたのは意味のあることでした。
    オスカル・ラインハルトはこの伝説的な「世紀の展示」を見ました。そして、生きている過程の中で、展示していた20を超える作品を、自分のコレクションにまとめました。その中には、アルノルト・ベックリン、ヴィルヘルム・ライブル、アンゼルム・フォイエルバッハの著名な絵画があります。